きおくにないうみ ver.3

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 青い瞳の妖婦と作家 □

〈BadEnd編〉呪われた舞台

12. 公文書館で見つけたフランソワの情報を誤摩化して海に行かなかった場合。





『フランソワ、これからはあなたが銃士隊を動かすのよ』
『ああ、ルネ…… 僕にそんなことが出来ると思うかい?』
『フフフ…… すべて私が支配するわ。
あなたは私のシナリオ通りに動けばいいの。
全てはリシュリュー様の繁栄のため……』

『誰か!! トレビル隊長が襲われたーーーー!!』
『何だと!? 枢機卿派の連中の仕業か!?』
『ああ、そうらしい。フランソワが一人で食い止めたが、大ケガをしたらしい』
『犯人はまだいるのか!?』
『いや、窓から逃げた! 女だ! すぐに追うんだ!!』
  :
  :
  :



「なぜこんな話を書いているの?」

「ああ、コンスタンス。俺はあまり気が進まないんだ……
だけど舞台演出家のアンリが気に入って、それで……」

「この人…… ルネのモデルは誰?」

「君をモデルにした訳じゃないんだ。
だけど俺のイメージの中で、フランソワと君が切っても切れない関係で……」

「“片腕のカリスマ”と呼ばれた銃士隊長のフランソワは、この作品では悪役になるのね。
……こんな舞台、本気で公開するつもり?」

「演出家のアンリの発案なんだ。
『片腕のカリスマは本当は枢機卿派のスパイで裏切り者だったという設定で行こう。
その方が面白くなる』って……」

「その人とは劇場で会ってるの?」

「……」

「どうして私に言ってくれないの?
演出家のアンリ……と言ったかしら。
何かおかしな憶測でも吹き込まれてないでしょうね」


***


「医者を呼べ! 今なら間に合うかもしれない!
まだ温かいんだ! 解毒剤か何か飲ませれば……」

「町医者がそんなもん持ってるかよ! アンリは毒を盛られたのか!?
一体いつ? 誰がやったんだ!?」

「そんなこと俺に分かるはずねぇだろ!」

「あの…… 今日はもう帰った方がいいんでしょうか?」

「ちっ…… 『今日は』じゃねぇよ、何もかも終わりだ……
だからあんたのホンなんかやりたくなかったんだよ!」

「……アンリは死んでしまったんですか?」

「ダルタニャン、駄目みたいね。毒殺みたいよ。
無駄でしょう。一目見ればわかるわ」

「コンスタンス…… どうして君は……」

「もう帰りましょう。
仕事がなくなったのは残念だけど、運命には逆らえないのよ」

「運命…… ……」





『運命には逆らえないのよ、悪く思わないでね』

『ルネ…… 君は仲間だと思っていたよ。残念だ』





「…………!! ちょっと待ってくれ!
俺にアンリの死体を見せてくれ!!」

「ちょ、ちょっと! 落ち着いてダルタニャン!」

「そこをどけ!! 人殺しめ!!
お前がフランソワを殺したんだ!!
お前がアンリを殺したんだ!!」

「……何を思い出したか知らないけど、それがどうしたって言うの?
あなたのおとぎ話につきあってくれる人が何人いるかしら?」

「なっ…… ふざけるな!!
俺はフランソワと共に、腐りきった銃士隊を再編成すると約束したんだ!
君なんかに邪魔はさせない!! させるものか!!」


***


 その夜、一人の男が敬愛する舞台演出家の死を嘆き、入水自殺を図ったと伝えられた。
 その後も多くの関係者が謎の事故死を遂げ、フランソワの呪いとの噂が立った。
 なんでも彼らは『悪魔に魅入られた銃士』という題材の舞台の制作を進行中だったと云われている。

 だがその真相の全ては伝えられていない。


FIN



プチあとがき

うあーーー読後感が最悪……

フランソワを悪役に据えた舞台が進行中と聞いて、アラミスさんマジギレ。
私情で関係者もろともぶっ殺してしまいましたとさ。

開き直った時のふてぶてしい態度は、アラミスというよりミレディ全開。

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/12/16
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には非公開にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。